恋話

恋話.comは気になるみんなの恋愛経験(恋愛話)が見れるサイトです。

体験談

心が通じ合うものが確かにあった、人に言えない恋愛の体験

2017/10/12

悩んでる女性

過去に幾つかの恋愛を体験していますが、ひとつだけ人に言えないような恋愛をしました。

人に言えない恋愛の代表と言えば、やはり不倫でしょうか。自分がそんな世界に足を踏み込むとは思っていませんでしたが、実際に体験すると意外と身近なモノだと感じました。私の場合は途中で理性が働いたケースで、今思えばそれで良かったのだと胸をなでおろしています。

不倫と言えば、有名なタレントさんや女優さんなどでもその事例は多く、自分の立場が悪くなった人もいれば、そのまま気持ちを貫いて恋愛から結婚に至った人もいますよね。

そんな姿を見ると、一言に不倫と言ってもいろいろなケースがあるのだと実感します。障害があるからこそ、気持ちが高ぶってしまうのか、それとも運命的な純粋な気持ちが起因しているのか、それぞれに違うものだと感じます。

私の場合は、明らかに後者の体験でした。お相手の人は仕事で出会った人で、私にとってはお客様に当たる人でした。大変危険な関係性であるため、会社の人はもちろん、友人にも話せない恋愛です。最初私にとっては、恋愛の対象ではありませんでした。ただ、とても親近感が持てる人だという感覚があり、過去生で家族だったかもしれないと思えました。

そのため仕事においても順調にことが運ぶことが多く、気持ちのよい関係性だったのです。

その気持ちに変化が起こったのは、相手の方からのアプローチです。もちろん、その方に妻子があることは知っており、信頼感を持っていた人が何故そんなことを言い出したのか戸惑いました。しかし、ストレートに言われた言葉に心が動きました。

最初に私に会っていたら、私を選んでいた」という言葉です。私が騙されていたのかもしれませんが、その人の目には嘘が見つけられませんでした。しかし「家庭を壊すつもりはない」ということもハッキリ言っていました。男の人の勝手のいい振舞いですよね。

そんな相手に対して私は、あまりにもストレートなので、嫌な感じはなかったのです。もしその人が結婚していなかったら、間違いなく私はその人を選んでいたと思います。

人に対して慎重になりやすい私も、その人には心をオープンにできる何かがあったのです。何も言わなくても心が通じ合えるものがあり、それは確かに純粋で温かなものでした。

何度か外で会う事がありましたが基本的に勇気がない私は「もうやめよう」と決断しました。リスクを冒すほど情熱的な性格ではなかったのです。ほどなくその方の配属が変わり自然と離れる状況も起こりその恋愛は終了しました。この体験は誰も知らない私だけの思い出です。

-体験談
-,