恋話

恋話.comは気になるみんなの恋愛経験(恋愛話、恋バナ)が見れるサイトです。

体験談

既婚女性だと知りながら告白してしまった人には言えない恋愛話

2020/01/06

現在アラフォーの私がまだ20歳過ぎだった頃、人には大っぴらに言えないような恋に落ちていました。それは恋の相手が、すでに結婚している5歳ほど年上の女性だったからです。

彼女とは、同じバイト先で知り合いました。彼女は和歌山県出身でほんわかとした関西弁を話すのが非常に可愛らしく、初めて会ってお互いに自己紹介をした時からすでに好きでした。知り合ってからは仕事の合間や休憩時間に一緒に話すのがとても楽しく、次第に「付き合えたら良いな」と思っていたのです。

ですが会話をしている時、ふとしたことから彼女がすでに結婚している既婚者だと知りました。まさか好きになった相手が既婚者だったとは思わず、突然突きつけられた事実に愕然としてしまいました。彼女が未婚者であれば何も問題なかったのですが、既婚者なら話は別です。すでに生涯を誓い合った相手がいるというのに、アプローチするのはダメだと一旦は諦めました。

しかし年齢が20歳過ぎとまだ若かった私は、あふれるばかりの恋心を我慢することができませんでした。1日の中でほんの少し彼女と話すだけでも心が熱くなり、何にも代え難い幸せを感じるようになっていたのです。ですが彼女は結婚しています。このどうにもならなくて行き場がなくなった恋心をどうすれば良いのか、悶々と悩む日々がしばらく続きました。事情が事情だけに、誰かに相談することもできません。

複雑な想いを抱えながらバイトは休むことなく続けていたのですが、年末の押し迫った頃に忘年会がありました。その忘年会に出席した帰り、運命のいたずらか彼女と2人きりで駅へと向かうことになりました。私と彼女は、最寄り駅が同じでした。

その時私は「告白するならこのタイミングしかない」と直感し、駅で彼女を呼び止め思い切って告白しました。仲の良い後輩だと思っていた男性から告白されたことで、彼女はとても驚いていました。ですが意外にも嫌がられるようなことはなく、それどころか「こんな私を好きになってくれて嬉しい」と言ってもらえました。

しかし告白の返事がOKというわけではなく「私よりもっと素敵な女性を探して」と、付き合うことは当然のごとく断られてしまいました。告白した後はバイト先で会うのが少し気まずかったですが、それでも大きなトラブルになることもなく私が他の仕事に転職することでその恋は終わりました。

大勢の従業員が働いているバイト先でしたが、この事実は私と彼女しか知らないはずです。人には軽々しく言えない禁断の恋の話で、今も若かりし日の思い出としてよく覚えています。


-体験談