恋話

恋話.comは気になるみんなの恋愛経験(恋愛話、恋バナ)が見れるサイトです。

体験談

私が誰にも言えない恋愛をした話

私は過去に学校の先生と付き合っていました。そして、付き合っていた時期は高校1年生の3学期から20歳のときまでです。

もちろん、高校の先生は私が行っていた高校の先生でした。卒業してからではなく、在学中に付き合っていたので、それこそ本当にクラスメイトにも言えない、親にも言えない秘密の恋でした。
なぜ先生と付き合うことになったのかというと、私の理科の担当の先生でそこで仲良くなったからです。

元々かっこよく先生は当時25歳だったので、生徒の憧れの先生でした。すごくやさしくて面倒見も良いので先生に好きだといっていた子達がたくさんいました。私以外でも本気で好きだと言っていた人もたくさんいたのです。

私も先生が大好きで、先生によく話しかけに言っていたのですが、高校のときはお世辞にでも成績が良い生徒とはいえませんでした。

その中でも理科が得意ではなくて、あるとき赤点を取って追試になってしまったのです。

そして、先生と1対1で教えてもらっていました。元々先生に分かるように好きってことを態度で出していたので先生は知っていたと思います。ですが、追試のときに告白すると決めていました。
私は思い切って先生に「好きです。付き合ってください」と言ったら、先生は「俺と君は生徒と先生だ。だから付き合えない」ときっぱり断られてしまいました。

思わず「じゃあ、私が高校を辞めたら付き合ってくれるんですか?」と聞いたら「俺を困らせないでくれ」といわれました。私はその場で泣いてしまって、先生になぐさめられてしまいました。

そして、それから先生のことをなんとか忘れようとしていたときです。あるクラスの男子から告白されたのです。それを偶然にも先生に見られてしまったのです。私は気まずい顔をして顔を隠すように逃げました。

ですが、その日の帰り道先生が私を待っていたのです。私がどうしたの?と聞いたら先生が「さっきの彼と付き合うの?」と聞いてきたので「先生には関係ないですよね。」といいました。そうしたら先生が「関係ある。君のことが好きなんだ。あのときは戸惑ってしまって言えなかった。」と先生から告白されました。

あまりに驚いてその場で喜んでしまい先生を困らせてしまいました。それから先生との秘密の恋が始まったのです。そして、なんと2年生のときには先生が私の担任の先生になりました。

このときは、本当にどきどきしました。それから学校を卒業してからも続いたのですが、私が遠くの大学へ行くことになり、最後は別れてしまいました。生徒である間はまともにデートも出来なかったですが、二度と経験が出来ない良い思い出です。


-体験談