恋話

恋話.comは気になるみんなの恋愛経験(恋愛話)が見れるサイトです。

体験談

離婚後の心の隙間を埋めてくれた人

2017/10/25

携帯を見る女性

子供を連れて離婚した私はとにかく頑張って稼がねばならないと文字通り走り回っていました。できそうな仕事は掛け持ちし少しでも足しになればと内職まで受けていた事もあります。

そんな生活を受け入れる覚悟はできていたのですが、やっぱり心の支えというか、理解してくれる優しさが欲しくなりました。そして知り合ったのがKさんです。

Kさんとは出会い系を通して知り合いました。Kさんは妻子のある人で小さな会社を経営している人です。ものすごく儲かっているということではないようでしたが、私と僅かな時間を過ごす時間的余裕と経済的余裕には困っていない様子でした。

家庭に不満があるということではなく、新たな刺激や楽しみを求めた結果が私との出会いだったように感じます。最初は私の仕事の合間に数時間を過ごす相手だったのですが、2年ほどしてからはKさんの会社で働かないかと誘われました。

色々と話を聞いて、大きくなってきた子供の事情に合わせて働きやすそうだったという点を一番の魅力と感じて、働くことを了承しました。お給料は決して高くはないのですが、正社員という地位を確立できることは私にとってとても有難いものでした。

その頃にはKさんのことを信頼し、大切に思う気持ちが大きくなっていたので、一緒に働く=過ごす時間が増えることも単純に嬉しかったです。

仕事も張り合いが持てる内容だったので楽しく、実際に私が入ってから会社はどんどんと業績をアップさせました。私は単なるお情けで働かせてもらうというふうにはなりたくなかったので、そうならないように頑張ったことが報わる結果となりました。

ただ、3年ほど働いたところでKさんの奥さんが「知らない女性従業員がいる」と気が付きました。奥さんは仕事を手伝っていたわけではありませんが、Kさんがたまたま持ち込んだ書類などから察したようです。それからは私の家に奥さんから電話がかかってきたり、Kさんの行動を監視する為に探偵を雇ったりと大変な騒ぎとなりました。

でも私としてはKさんに離婚して欲しかったわけではありません。ただ、仕事は確保したいという気持ちは強く持っていました。

結果、私は会社を去るしかなくなってしまったのです。Kさんの紹介で別の会社へ移りました。お給料的なダメージはありませんでしたが、毎日感じていた張り合いは失われてしまいました。そして当然のようにKさんとの時間は無くなり、私には淡々とした毎日が戻りました。

奥さんに浮気がバレて慰謝料を請求されないように。そのことに気持ちが支配されて、Kさんとは十分に話し合いをすることができませんでした。そのこともあり気持ちが離れてしまったのだと思います。今は幸いにも未練もなくなりましたが、寂しい気持ちはずっと残っています。

-体験談
-, , ,