恋話

恋話.comは気になるみんなの恋愛経験(恋愛話)が見れるサイトです。

体験談

カナディアンとの恋

2017/09/06

日本女性と外人男性

私は22歳の時にワーキングホリデービザでカナダへ行きました。ワーキングホリデービザがあれば現地で働くことが出来るので貯金がなくても海外生活が出来ます。私は短大時代にアメリカへホームステイをきっかけに海外生活の憧れが強くなり仕事を辞めて日本を脱出しました。

両親には3ヶ月で帰るからと嘘をつき1年オープンの航空券でバンクーバーへ行きました。住むところを決めた私は、まず寿司レストランでウエイトレスのバイトを始めました。ウエイトレスはチップがもらえるので、お金が今すぐほしかった私にはぴったりでした。

まかないがあるので食事も無料だし、日本人の友達もすぐ出来て楽しいバイト生活でした。でも、寿司職人のオーナーが少しがんこおやじという感じで、厳しかった以外は快適でした。

私は、英語がほとんど喋れない状態でカナダへ行ったので、オーナーが日本人で助かりましたがちょっと怖かったです。もちろん、お客さんはカナディアンばかりでしたから、まずは魚の名前を全て英語で覚えました。英語にも少しづつ慣れて、お客さんとの接客にも慣れたころ、常連客のデイビットからデートの誘いを受けました。

彼はグットチッパーと言われていました。いつもチップを多めに置いてくれるお客さんでした。独身だったので夕食によく一人で来て、カウンターに座り寿司を食べていました。

私より10歳以上も年上だったので全く意識していなかったので突然の誘いにびっくりしました。その時はレストランでおいしいご飯をご馳走してもらおうと軽い気持ちでOKをしました。

デートの当日、彼は車で家に迎えに来てくれました。その時に突然彼から花束をもらい、ちょっと素敵な方だなと思いました。レストランで食事をして、海岸を散歩したときには私はすっかり恋に落ちていました。それからデイビットとの付き合いが始まりました。

私はすっかりデイビットのことが好きになってしまってました。寿司レストランでバイトしている時にデイビットが食事に来たら、私は顔が赤くなって仕事にならないほどでした。

彼の家に行ったり関係は深くなったけれど、そんな幸せな日々は長くは続きませんでした。私は英語がまだ上手く話せなかったので、デイビットと深く意思の疎通が出来ませんでした。

そして、私は旅行会社で就職が決まり、寿司レストランを辞めたことで会うこともなくなってしまいました。もっと私がうまく英語で話すことが出来たら良かったと思います。

-体験談
-, , ,