恋話

恋話.comは気になるみんなの恋愛経験(恋愛話、恋バナ)が見れるサイトです。

体験談

二人の男性からほぼ同時に告白され、どちらと付き合うか悩んだ話

私が今まで経験した、人には言えない様な恋愛の話はズバリ「二人の男性からほぼ同時に告白され、どちらと付き合うか悩んだ」ことです。

仕事に勤しんでいたある時のことです。前の職場で一緒に働いていた「Aさん」から「久しぶりに一緒に食事に行かない?」と誘われました。Aさんは、音楽鑑賞や映画鑑賞が趣味で、私と趣味が似ていました。そのため、好きなアーティストのコンサートやライブに一緒に行ったり、映画を見に行ったり、DVDをレンタルして一緒に部屋で見たりしていました。

食事に誘われた時に「今は彼氏いないの?」とAさんから質問され「彼氏はいない」と答えましたが、実は時々会う男友達がいました。時々会う男友達はBさんと言い、彼は遠方に出かけるのが好きで、よく他県の有名なラーメン屋や焼肉屋に車で連れて行ってくれました。Bさんは「車を運転するのが好きだから」と言い、毎回送迎をしてくれました。そんなBさんの話は伏せてAさんと食事をしていると「俺と付き合って欲しい」とAさんから告白されました。

Aさんとは趣味が合うけれど、Aさんは非正規雇用で収入が少なく、車も持っていないため遠方にでかけたり、高級なお店で食事をするなどはできません。

一方Bさんは、正社員で安定した収入があり、将来を考えた時『万が一結婚することになったらBさんとの未来のほうが安心した道を歩める』と思っていました。趣味は合うものもあれば、合わないものもありました。

私は、Aさんからの告白の答えをその場で出さず「少し考えさせてほしい」と言い、後日Aさんに回答を出すことにしました。

Aさんから告白された数日後。私はAさんに黙って、Bさんとデートをしました。

Bさんはその日も自分の車で私の家まで迎えに来てくれました。行先は、埼玉県にある大きなショッピングモールです。そこでショッピングをして、ランチを食べ、その後はドライブをしました。

日が沈み、夜景を眺めながら助手席に座っているとBさんから「付き合って欲しい」と言われました。その時、私はBさんに「考えさせてほしい」とBさんからの告白も保留しました。

しばらく一人の時間を作り、本来比較するのも失礼な話ですが二人のことを比較させて貰い、今の優柔不断な自分の状況を変えなければ二人に示しが付かないと考え、私は二人に答えを出しました。

Aさんには「私と付き合って下さい」と伝えると同時に「今まで、Aさん以外に、仲の良い男友達がいる」という話もしました。Aさんは「俺にも仲の良い女友達はいるから、付き合う前のことは気にしないよ」と言ってくれました。

一方、Bさんには電話で「折角告白してくれましたが、私はBさんと付き合えません。今後は会う回数も少なくなると思います。ごめんなさい」と一方的に伝えました。

Bさんは私の回答に納得してくれました。「頑張ってね」と言ってくれたBさんでしたが、その後私が転勤して遠方に引っ越したことから疎遠になり、会うことはなくなりました。

非正規で収入の少ないAさんと付き合って後悔するかもしれないと覚悟をしていましたが、遠距離恋愛も上手くいっており、私は過去の選択に満足しています。

 


-体験談